1970代生まれ以降のタレント、女優の話題を中心に芸証市場を解析?するコラム?です。


by ah-k3001v
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:コラム( 5 )


 日本ヒューレット・パッカード(HP)は13日、若い女性を中心に人気のファッションデザイナー、ヴィヴィアン・タム氏がデザインしたノートパソコンを発売すると発表した。外観だけでなく、アイコンなどソフトウエアについてもタム氏のデザインを取り入れた。

 新製品「HPミニ210ヴィヴィアン・タム エディション」は、同氏の2010年春夏コレクションのテーマである蝶のデザインを外観にほどこした。基本ソフト(OS)は米マイクロソフトの「ウィンドウズ7」のホームプレミアム版を搭載した。26日に発売し、販売価格は6万円前後から。

 同日開いた発表会に出席したタレントの西山茉希(未上場)は「外観だけでなく中身もとてもかわいくなっていて、これまでのパソコンのイメージが変わる」と、お気に入りの様子だった。

(サンスポより)
[PR]
by ah-k3001v | 2010-04-13 13:34 | コラム

TVをつければ、必ずと言っていいほど、消費者金融のCMを見る。 しかも、どの会社のCMも笑顔のアイドルが登場している。 何故、今、アイドルと消費者金融CMなのだろうか? 一説には、若年層を中心にニート、フリーターと呼ばれる定職につかない人口の拡大があげられる。
定職に就かない故に、収入も不安定なこのような人達の中で特にM1層(男・20~34歳)の取り込みをターゲットにした消費者金融会社が、親しみを感じるアイドルをCMに起用しているというのだ。

数年前にブレイクした小野真弓(シスターズ:6010)以降、この傾向に拍車がかかり
大手、中小を問わず今やグラビアアイドルCM戦争状態である

もちろん、CMに起用されるアイドルにもメリットはある。
CM出演によるメディア露出度UP(知名度UP)
先に挙げた、小野真弓がその代表例と言える

さて、現在おもな消費者金融CMに出演している
グラビアアイドル(タレント)は以下の通り

・ポケットバンク:安めぐみ(芸証2部:6026)、坂本千夏(未上場)、小畑麻美(未上場)
芸能証券

・キャッシュワン:乙葉(芸証2部:6009)
芸能証券

・三井住友カードローン:木村佳乃(芸証1部:2024)
芸能証券

・プロミス:井上和香(芸証1部:6005)
芸能証券

・武富士:佐藤寛子(シスターズ:6015)
芸能証券

・アイフル:安田美沙子(シスターズ:6025)
芸能証券

・ほのぼのレイク:浅香友紀(未上場)

・アコム:浅野さと子(未上場)、石坂ちなみ(未上場)、益子梨恵(未上場)

・ノーローン:高橋真唯(未上場)

・アイク:東原亜希(未上場)

中には知名度もあり売れっ子アイドル(タレント)もいるが
ハナタレ証券としてこのCMが彼女達の活躍(芸証株価)にどのような
影響を与えるのか注視していきたい


(ハナタレ証券アナリスト:東中島南方)
[PR]
by ah-k3001v | 2005-05-17 14:34 | コラム

「萌え市場」


一週間前のニュースであるが
浜銀総合研究所というシンクタンクが日本の萌え市場(2003年度)が888億円だと試算した

「萌え市場」の定義は
幼い顔立ちをした美少女キャラクターのアニメ、コミック、ゲームの市場の総称

その勢いは留まることを知らず、芸能界(芸証)にも旋風を巻き起こしている

代表格は小倉優子(芸証1部:6008)
TBS系「情熱大陸」でも取り上げられるくらいの知名度NO1の萌え系アイドルである
広い意味で言えばモー娘。(芸証1部:1002)もまた萌え系と言える

芸能証券  芸能証券

この萌え市場を支えているのがオタクと呼ばれている人々
一説にはその数、150~200万人とも言われている

若干色合いは違うが、出版界の「電車男」(主人公はアキバ系オタク)大ヒットは
オタク文化が一般社会に受け入れられた証明かもしれない
(既に映画化、舞台化も決定)

別の試算では市場規模は2004年度、2000億円に達したともいわれ
もはやオタクはオタクにあらず、完全に市民権を得る勢いがある

芸能証券においても今後、萌え系アイドル分野の資産価値に注目が集まるであろう

参考サイト: 「萌え市場」が熱い!03年で888億円


(ハナタレ証券アナリスト:東中島南方)
[PR]
by ah-k3001v | 2005-05-06 17:52 | コラム

NHK教育

と言えば、加藤ローサ(GASDAQ:5003) 、吉岡美穂 (芸証1部:1049)、井川遥 (芸証1部:1012) などを輩出したNHK外国語講座が有名である
今や若手アイドルの登竜門と言われるまでの番組になった感がある

さて、ハナタレ証券では、そんな外国語講座に隠れて、密かに放送されてる番組に注目する

番組名は、「ニャンちゅうといっしょ」
子供番組ながら、NHK版「サクサク」との声が聞こえるくらいコアなファンを集めている

幼児番組ながら、大人(親)でも見応えあり?
内容は、ニャンちゅう(ぬいぐるみの人形)とお姉さんとの会話がメイン
しかし、この ニャンちゅう 子供番組のキャラにしてイレギュラーなダミ声!
しかも、お姉さんに突っ込む!突っ込む!

歴代のお姉さんもバラエティにとんでいる。

1代目 白石まるみ(未上場)/1992年から1994年度
2代目 古村比呂(未上場)/1995年から1996年度
3代目 石川ひとみ(未上場)/1997年から1998年度
4代目 笹峯あい(未上場)/1999年から2001年度
5代目 伊藤かずえ(未上場)/2002年から2003年度
6代目 清水ゆみ(GASDAQ:2136)/2004年度

4月からは番組名を「ニャンちゅうワールド放送局」にリニュして放送される。
7代目 お姉さんは 菊地美香(未上場)

(ハナタレ証券アナリスト:東中島南方)
[PR]
by ah-k3001v | 2005-04-05 00:00 | コラム

宮澤美保 株式分割

以前、注目銘柄として取り上げた 宮澤美保 (GASDAQ:2129)
芸証から株式分割が発表されてからは、株価が上昇するかと思いきや、逆に微落。
あぁぁ、どーして下がるの・・・東中島南方のアナリストとして資質は×なのか?と憂慮。
4月1日、株式分割当日 終値 83,100 ( 1株 → 40.54株 )
この株価は芸証値上がり率ランキング 2位(+3953.66%)
ただ、ここまで上昇してしまうと、材料出尽くし感からかなり調整するかもしれません。
買い増すチャンスも利確するタイミングもなかなか難しいかも・・・・(意味不明?)

(ハナタレ証券アナリスト:東中島南方)
[PR]
by ah-k3001v | 2005-04-01 18:00 | コラム